智志(SS)の気まぐれ日記。
スポンサーサイト    /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
■『ソード・ワールド2.0』発売記念コンベンション    /2008年04月02日(水)
やっとこ情報が解禁されたので告知です。

来る6月22日に、
【ソード・ワールド2.0 発売記念コンベンション】
を開催します!
場所は守口市市民会館。

詳しい情報はコチラ↓
http://www.fujimishobo.co.jp/gameinfo/index.html#event

東京と大阪の二都市で開催され、両方ともアマチュアの有志によって運営されるのですが、大阪のほうのイベント運営は私が担当しております(無論私だけではありませんが)。
今回はカオスフレアオンリーコンと違い、主催は正真正銘あの富士見書房様。
なんとGM20卓、プレイヤー100人という規模で、SNEから北沢慶先生をはじめとしたゲスト様もこられる上、なんと入場料無料という太っ腹っぷりでございます。

スタッフ一同最高のイベントとなるよう最善を尽くしておりますので、お暇な方はぜひぜひご参加くださいませ。
抽選の締め切りは5月20日(消印有効)なのでお忘れなく!
裏側でこそこそと。    /2008年03月31日(月)
TRPG関係のイベントを運営することになり、ドタバタと忙しくしております。
そのイベントが終われば、またツール更新速度も上げてると思うのですが。

近いうちに正式に発表できると思いますので、お楽しみに。
……あ、カオスフレアオンリーコンではないですよ、念のため(笑)
ゲイリー・ガイギャックス氏逝去    /2008年03月06日(木)
去る3月4日。
かのゲイリー・ガイギャックス氏がお亡くなりになられたそうです。
心臓麻痺だったそうです。

若い方は知らない名前かもしれませんが、GARY GYGAXといえば1974年にかの“世界初のテーブルトークRPG”であるDungeons and Dragonsを世に送り出した、偉大なTRPGデザイナー。
つまり、TRPGという概念を発明した方です。
いま我々がTRPGを遊べるのも、ゲイリー・ガイギャックス氏がいてこそ。

またTRPGだけでなく、世界中の全てのコンピュータRPGを産み落とすきっかけとなった方という言い方もできます。
彼がいなければ、かのウィザードリィも、ドラクエも、FFも生まれなかったのです。

TRPGというゲームに出会って17年。
RPGという言葉に出会ってからはもう何年かすらわかりませんが。
人生の半分以上をTRPGに費やしてきた私にとって、TRPGほどのめりこみ、心酔したゲームはありません。
氏は私の人生に最も影響を与えた御方であることは間違いありません。
TRPGで知り合った全ての人々、あらゆる経験はガイギャックス氏あってのこと。
彼がいなければいまの私は絶対にないでしょう。


TRPGという遊びが世に産み落とされてから34年。


かの偉大なる先人に最大の感謝を。
ご冥福を心からお祈り申し上げます。
このクソ夜中に眠い頭で絵師2人とダベっててでてきた妄想。    /2007年03月30日(金)
シナリオネタ

『南海の大決戦Part2! 今度は無人島だジャングルだ!!』

追加データ

ミーム:無人島

怪しい叫び声あげながらツタをつかってジャングル内を移動する特技とか鼻で歩く小動物になれる特技とかあるんだぜ。

……いや真面目にこのブランチいけるんじゃね?
原住民に首領からUMAまで。
デイブレイクは社会ダメージを与える《※外科医の写真》だ!


すでにだれかやってそうだというのはこの際横においておく。
CFバランス調整    /2007年03月27日(火)
CTのエラッタがまだ出ていないわけですが、やはりALGや天羅でお忙しいのでしょうか。
できれば5月までにエラッタがでてくれるとありがたいのですが、はてさて。

ところで、この間「この特技強すぎね?」とか「ここバランス修正されないかなあ」なんて議論をする機会があったので、ちょっとCFの気になる点を並べてみる。


○タイミング表記の揺れ
 タイミング表記が統一されてないのがかなり気になってます。
 ダメージロールの部分だけでも「ダメージロールの直前」「ダメージロールの直後」「ダメージロール」「ダメージロールの際」とあり、前2つはともかく後ろ2つは同じタイミングなのか違うタイミングなのか、違うならどっちを先に処理するのか、など。
 また、同じダメージロール時に宣言するものでも、「タイミング:ダメージロール」と「タイミング:オートアクション」の2種類があり、これらは同じタイミングなのかそうでないのかなどがわかりにくい。
 この辺りが統一されるだけでずいぶんと分かりやすくなる気がするんだけどなあ。
 あと、[かばう]の宣言タイミングがいまだに分からない。これは素直に今度メールしよう。

○反射特技の扱い
 複数人数かばってダメージを倍加させたあとに《エロアイオス》や《カマエル》を使用した場合、倍加したダメージがそのまま相手にいく、という処理はなんとかならんものか(笑)
 これのおかげで、最近反射技持ちのPC相手にダスクが[差分値]範囲攻撃を撃てないという状況になりつつあります。うっかり攻撃すると「じゃあオートバイの効果と[かばう]で2人かばって《エロアイオス》で3倍返し。リアクション[達成値]0なんで[差分値]全部いれてくださいね」とかいわれて軽く400点くらいのダメージが帰ってくる(涙)
 フォーリナー聖戦士が《絶対武器》で殴るより[かばう]ほうがダメージ効率がいいという不思議空間。
 《捨て身の覚悟》で範囲攻撃した場合、自分が喰らうダメージは「最も高いダメージ1つのみ」なのだから、これと同じように「1倍分のダメージだけ反射する」とかでもいいんじゃないかなあとか思ってます。それでも十分強いんだし。

○バランス修正してほしい特技
《教師》
 や、まあこれはパッチ入るでしょ(笑)
 あの効果で代償4HPはない。
 フレア1枚でも安いくらい。

《※忍法・瞳術》
 判定の必要な無限《※カマエル》。ダスクの攻撃力をそのまま跳ね返せる上、白兵も射撃も突き返せる上に射程制限がないのは、[突き返し]特技の中でも明らかに突出してます。これで代償が5HPのみだから凄い。しかもこれもってる奴は十中八九《※ヌース》《※カマエル》も持ってるからタチが悪い。
 ただデイブレイクな上に「判定値が上昇させにくい【回避値】である」「[差分値]がつきにくい」という制限がついているので、強すぎるというほどではないと思うのですが……
 現状やや強い印象がありますが、かといってヘタに弱体化パッチをいれると全く使えない死に特技になってしまうという扱いに困る特技。
 まあ現状維持が無難か?

《生死去来》
 強すぎ。
 リターナー単体だとそうでもないですが、アムルタートと組むと初期キャラでも【LP】23(初期8+《墓所の超越者》5+《不壊なる者》10)。特技枠をたった2個使うだけで期待値で6回は蘇生できます。しかもフレアの消費は全くないので、フレアは別の行動に回せます。
 【HP】で耐える耐久型光翼や[突き返し]や回避を行うリアクション型光翼が同じ回数ダスクの攻撃を凌ごうと思うと、かなりの特技枠とフレア、場合によっては行動権利すらも消費しなければなりません。それらに比べると余りにダントツにお手軽です。
 おまけに《追憶》があるためにオリジン特技が追加されるたびにリターナーそのものが強化されていきます。特に《追憶:ガードビット》が強力。
 1度リターナー光翼を見てしまうと耐久力型光翼を作る気がなくなる、というくらい強力です。
 どうしても光翼のパターンの中では《生死去来》型が突出しすぎてる感は否めません。
 代償にフレアを追加するか、「リターナーはリターナーの特技以外では【LP】を増やすことはできない」という制限を加えてやるべきだと思うんですが、どうでしょうね。

《※エンノイア》
 弱すぎ。
 ダメージを+[フレアの枚数×5]、てのはさすがにコストパフォーマンスが……(汗)
 《星くずの記憶》がフレア1枚で+【魔術】できるのに対し、デイブレイクの《※エンノイア》がこの性能でしかもシーン1回制限てのはちょっと納得がいきません。いやまあタイミングが違うんで星くずと重なるという利点はあるんですけども。
 ……せめて+[フレアの数字]とかにまかりませんか。

《光翼の盾》
 はい、語りつくされてますね。最近ますます存在価値がなくなってます。
 《※蒼天の守護者》をあわせればそれなりに防ぎますし、1シーン持続するという特徴から他のダメージ減少特技よりコストパフォーマンスはいいのですが、実際CFの戦闘は2~3ラウンドで終わるため、1シーン持続という利点を活かせません。
 せめて、《光翼の盾》か《※蒼天の守護者》のどちらかがソフィアが合致してないフレアでも使える仕様なら、まだ光明があるのですが……
 というか、《銀の守護者》が自動取得になりませんか?(笑)
Copyright © 2004 Powered By FC2. All Rights Reserved.