智志(SS)の気まぐれ日記。
スポンサーサイト    /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
最近のやっかいなPC対策    /2007年03月28日(水)
最近プレイヤーがいろいろと手の込んだキャラを作ってくるので、対策に追われているGMですおはようございます(挨拶)
というわけで最近うちの卓でトレンドになってる手ごわいPCパターンへの対策を考えてみる。
似たようなPCを相手にしてるGMさんは多いんじゃないだろうか。

○バッステ特化執行者
「で、結局1回の攻撃で何種類のBSつくん?」
「[水中]以外の全部と《シャドウフォース》」
「帰れ」


 ライダーもとい《ゴルゴン》先生のおかげで、最近の執行者は1回の攻撃で最大6種類のBSが付与できるようになった。ボスケテ。
 恐らく全国で猛威を振るっていることだろう。

 BS執行者のなにが面倒って、対策の難しさ。
 データ的な対策自体は物凄く簡単で、「《闇の祭器》+《歪んだ時空》」の2つのプロミネンスを取得するだけでダスクは全てのBSを代償ゼロで解除することができようになる。
 が、それをやってしまうとBS型執行者が完全に役立たずになってしまい、PCの存在意義を消し去ってしまう。それはGMとして愚策も愚策だと思う。それは光翼騎士の【HP】が高いからって攻撃力1万の敵を出すようなモンだ。それなら【HP】1でも一緒じゃん。
 あくまで「その執行者がいてよかった」と思わせる敵を出さないといけない。
 ……が、こまったことにBSは結構致命的なものが多くてですね……(遠い目)
 とりあえず[重圧]だけは対策しておかないと本気でどうにもならないので、《BS無効:重圧》を取得しておくか、《闇の祭器》を取らずに《歪んだ時空》を取得しておいて、あとは[束縛]などをマイナー消費して解除していく、というのが無難なところか。
 執行者がダスクのマイナーを潰せるだけで全然変わってくるしね。
 もちろん、ダスクは完全にBS対策をしておいて、BS対策をしていない雑魚を出しておく、というのもテではある。

○リターナー光翼騎士
「で、結局何回くらい蘇生できるんだ」
「えーと……期待値で13回?」
「帰れ」


 たぶん日本中で猛威を振るっている光翼騎士の双璧。特にリターナー/ジェネラル。
 もう片翼はウォーバードであると思われるが、幸いうちの卓ではなぜかウォーバードはみない。
 
 まあもうこいつの強さに関しては話すことはなにもないと思われるが(笑)、なんせ起き上がりこぼしは強力。しかも大体4人とか5人とか同時にかばいやがるし。
 でまあ、対策なのだが……

・【対策1】死ぬまで殺す
 敵を複数出すなり《那由他の一瞬》を使うなりの多段攻撃でどうにかこうにか。
 あと、敵を複数出したり、戦闘を複数回行うのも有効。

・【対策2】投げ飛ばす
 《投げ飛ばし》でエンゲージを離してしまう。
 リターナーはたいてい《追憶:ガードビット》を取得してるので、それでも致命的なことになりにくいのがGM的にも○。

・【対策3】プレコで潰す
 いわゆる「対決に勝利したらダメージを与える」系の特技で攻撃を行う。
 対決系特技は命中判定が発生しないため、《銀の守護者》「乗り物によるリアクション代行効果」が使用できず、カバー可能な人数が減るのが大きい。

・【対策4】突き返す
 聖戦士の攻撃を付き返すのは考えるだけ無駄なので、執行者が攻撃してきたら[突き返し]で対応する。[突き返し]のダメージも《カバーリング》《ガードビット》で防げてしまうが、ダスクの行動を潰さずに《生死去来》を使わせられるのはでかい。

・【対策5】文官になってみる
 大人気なく《※火中飛蛾》でダメージ反射。これは光翼がカバーしようがないので、確実に1人殺すことができる。

・【対策6】【LP】削りきればいいんじゃね?
 超大人気ないダメージで《必殺の毒針》とか叫んでみる。命中しちゃえば一気にリターナーを無効化可能。ただこれをやっちゃうとBS執行者相手に全BS無効とかいっちゃうようなモンなので、1シナリオに1回しか使用できない上に低い[達成値]でもダメージが叩き出せる《憤怒》がオススメ。これなら「その攻撃だけはフレア使ってなんとか回避しよう」となるので、【LP】は削れなくてもPCのフレアというリソースをごっそり削ることができる。またダメージによっては、即死しない程度の【LP】ダメージを与えることも可能。
 理想は【LP】を半分にする《ジェノサイド》か。
 難点はリターナー・ジェネラルには容赦なく[突き返し]される可能性があること。まあその場合でもフレアは削れるので悪くはない。

・【対策7】そもそもエンゲージ離しとけばよくね?
 戦闘の初期配置を決める権利はGMにあるので、PCの初期配置をバラバラのエンゲージにしておく。ある意味一番簡単。
 が、あまりにメタすぎて毎回やるとリアルで拳が飛んでくるので、1キャンペーンに1回くらいにしといたほうが無難。

・【対策8】[重圧]をかけてみる
 《生死去来》は常時型ではないので、[重圧]をうけていては使用できません。ので[重圧]をがっつりかけてやる。
 ……が、最近の光翼はちょっと経験点があれば《光翼の詩:重圧》がデフォになっている感がありますし、そうでなくても星詠みが『てんかす』こと《天上の霞》を持ってることが多く、有用性は低いといえる。

・【対策9】いっそ青マナ払って《生死去来》をインタラプト
 《※空白の時間》で《生死去来》を打ち消してしまう。成功すれば[覚醒]せざるを得ない。
 が、これもメタすぎてリターナーの存在意義自体を殺しかねないので微妙。
 リターナー側が[覚醒]せずに[戦闘不能]を選択し、蘇生特技で蘇生するという手段をとれるなら悪くはない。《※空白の時間》をフレアを使えば勝てる程度の達成値にしておき、フレアを削らせるというテもある。



 とまあ、考えてみれば意外に対策方法があるリターナー光翼。
 「そんなに対策方法あるなら、リターナーって実はそんなに強くないんじゃ?」
 と思ったそこのアナタ。
 騙されてます。
 なにが騙されてるかって、上に上げた対策は全部リターナー以外の光翼騎士にも有効な対策だからです。これらの弱点はリターナーのみの弱点ではないわけで、いくら対策してもリターナーが他の光翼に比べて突出してるという事実はかわりません。
 ただ、対策できないほどではないということです。


○エロいアイオスさんとかカマエラーの皆さんとか
「で、結局ダメージはどうなるんだ」
「3人かばって4倍反射+俺ごとやれで倍率ドン」
「かえ(ry」


 いわゆるダメージ反射系、相打ち系特技持ちのみなさん。
 「ダスクの[差分値]攻撃を[達成値]0で受けた上に《カバーリング》等で何倍にもして返す」上に、《俺ごとやれ!》で2倍にしたりで大変です。
 正直フォーリナー聖戦士とか、自分で攻撃するより《※エロアイオス》のが効率いい、なんてことも。
 でまあ対策なんですが、エロいアイオスさんと《※火中飛蛾》は、多分《※空白の時間》などのカウンタースペル系しか対策はないです。
 《※カマエル》のみ宣言タイミングがダメージロール後なので、実は《※カマエル》が宣言された後に《※カマエル》使用者を雑魚エネミーがかばうことによって《※カマエル》を無効化できる。つまり、《※カマエル》が宣言された瞬間にダスクの攻撃をカマエラーから雑魚エネミーに移し変えるのだ。
 もちろん雑魚エネミーはダスクの攻撃を受けて死ぬだろうが、ダスクは《※カマエル》でダメージを受けなくてすむ。かなり有効な対策だ。
 ……が、このあたりの1シナリオ1回系の特技はPCの最大の見せ場でもあるので、なるべく邪魔をしないほうがいいというのが実情でもある。
 無理してこのあたりを無効化するよりは、これらの特技を使わなければ勝てない敵を用意するほうがプレイヤーにとっては嬉しいんじゃないだろうか。


○常時クリティカラーズ
「それはクリティカルしないと回避できないな」
「CT値いくつよ?」
「7」
「なんだ1ゾロ振っても《教師》あったらクリティカルじゃん」
「まあ《運命介入》もあるからどっちにしろ確実に6ゾロになるけどな」
「か(ry」


 《天佑の風》《セカンドネーム》《法定》《黄金の炎》に《運命介入》《教師》「人造生命」。
 CT値やダイスを操作する特技は多く、経験点を積めばCT値8や7はあたりまえ、その気になれば100%狙ってクリティカルを出すことできる世の中になってき。とくに《※ルシファー》+《教師》の『教えてルシファー先生!』コンボは大人気がない(笑)
 これに対するダスク側の対策は、カウンタースペル系を除くと能力値を増やすかダイスを増やすかない。
 ダスクフレアの能力値を伸ばすルールはいまのところないので(多分好きにしていいと思うがPCの経験点に直結しないのが難点)、《夕闇の波動》のLvを上げるのが現実的だろうか。
 まあ本当に常時クリティカルできるわけでもないので、ダイス+3個くらいが無難か?

■総括
 まあダラダラと長文を書きましたが、結局のところこういった「強いPC」が出てくるというのはそれだけプレイヤーが頭を悩ませてデータを作成しているということで、それはつまりこのゲームをそれだけ楽しんでいるという証拠なので、歓迎すべきことです。
 できれば、そういったプレイヤーの努力を無駄にするのではなく、有効活用できる形で対策を立てたいところですね。
スポンサーサイト
コメント
▼この記事へのコメント▼
ダスクフレアのプロミネンスで是非欲しいのは特技を取得するプロミネンスと能力を伸ばすプロミネンスですねぇ
いい加減HP伸ばすだけじゃ芸がなくなってきましたし
……レスdate…2007/03/28(水) 21:21:53 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
個人的に欲しいのは
能力値上昇のほかには蘇生プロミネンス、ターンの最後にもう1回攻撃できるプロミネンスとかですねえ。
いや、蘇生は《不死鳥の炎》とか使えばいいんですが、蘇生なんて強力な効果を発揮しといて経験点に反映されない、っていうのがなんとも使いにくいかんじがしまして……(笑)

なんにしろHPやLPを伸ばしても全然追いつかない世の中になったのは間違いないですなあ・・・・・・
……レスdate…2007/03/29(木) 00:28:50 | URL | 智志 #-[ 編集]
続けてこっちに書いていいか悩むところですが・・・

>>蘇生系プロミネンス
これは確かに欲しいですねぇ・・・不死鳥の炎とか下手に使うと状況全くひっくり返りますしねぇ
この辺りはもう自作するしかないような気もww

PCへのBSはこの前非常に危険だと理解しました。
次回以降も工夫はしてみたいとは思いますww
……レスdate…2007/03/29(木) 19:51:25 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
全然OKですよん
やっぱ自作ですかねえ。

PCへのBSは、PCが「てんかす」等のBS解除特技を持ってなければ、かなり致死的なので注意が必要ですよね。
うっかり重圧とか束縛とかシーン攻撃しちゃうと全滅しかねないという。
まあたいていはダスクの攻撃くらったら[覚醒]しちゃうんであんまり関係なかったりしますけど。
……レスdate…2007/03/29(木) 20:14:18 | URL | 智志 #-[ 編集]
なら続けて
自作の場合、バランス取りとか面倒っすけどね
公式で実装してくれるのが一番らくっちゃ楽ではあるんですけどね

当方もそう思ってこの前「転倒」を与えたら覚醒しても治らないんですよね・・・
結構うっかり気味でした。
カオスフレアのBSはどれも致命傷なモノばかりなんで、バランスが難しいですね
……レスdate…2007/03/29(木) 20:23:22 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
転倒と水中は解除されませんからねー
あと《生死去来》してくるリターナーもBSつきっぱになりますね(笑)

PCのBS解除手段を確認しておかないと結構大惨事になっちゃいます。
……レスdate…2007/03/30(金) 03:00:23 | URL | 智志 #-[ 編集]
リターナーの恐ろしさは《生死去来》だけでなく、《カバーリング》《追憶:ガードビット》がマルチミームも無しに手に入るところでしょうね。
他のブランチが耐久能力とカバー能力の両立に頭を悩ませるのに対して、両立が簡易という点で光翼との相性が頭一つ飛びぬけている気がします。
……レスdate…2007/03/31(土) 14:14:31 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
まさにそうなんですよね。
あと地味に《百億の刹那》で投げ飛ばされてもすぐにもとの位置に移動できたり。
シングルにしたらしたで《※因果の逆転》で実質攻撃を1回無効化できますし。
すごい柔軟なブランチなんですよねー
……レスdate…2007/03/31(土) 22:41:29 | URL | 智志 #-[ 編集]
考えてみると
「孤界侵略者の侵攻が遅れたのは黄泉返りのせい」という説は確かに信憑性がありますなw
……レスdate…2007/04/02(月) 19:05:20 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
あんなものが
徒党を組んで襲い掛かってきたらそりゃ侵攻も遅れますわな(笑)
……レスdate…2007/04/02(月) 20:14:30 | URL | 智志 #-[ 編集]
おそらくジェネラル/リターナーと思われる
クルムワイセを倒した栂尾さんはマジすごい人だったのですね。
……レスdate…2007/04/02(月) 21:37:15 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
あ、それはですね
『ダスクフレアは[戦闘不能]にならないから、《生死去来》は使えないんだよ!!』
ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!!

いっそダスク化しないほうが強かったというオチ。

よくできてるなあ、カオスフレア(いやそうじゃないだろ)
……レスdate…2007/04/03(火) 00:35:30 | URL | 智志 #-[ 編集]
▼コメントを投稿する▼
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2. All Rights Reserved.