智志(SS)の気まぐれ日記。
スポンサーサイト    /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
【卓上】GUNDOGプレイレポ[ネタバレ]    /2005年08月22日(月)
日曜日は参加してるサークルでガンドッグのGMをやってきました。
サークルとかコンベでGMするのって数年ぶりでちょっと緊張(笑)
シナリオはルールブック付属シナリオの「ホワイト・クリスマス」
例によってネタバレが入るのでご注意ください。




シナリオ概要は「なんか偉い人が講演やるんで警護したってや」という典型的な警護もの。
プレイヤーキャラクターはルールブック付属のアーキタイプをそのまま使用。
推奨アーキ4人+アーキタイプ「オーガ」という5人チーム。
うちガンドッグプレイ経験があるのは1人だけという状況。

ミッションのほうは数日間重要人物を護衛するのではなく、講演イベントをやる半日だけ現場を警護していればいいだけの仕事です。
流れとしては【依頼を受ける】→【事前情報収集】→【イベントを妨害するテロの情報入手】→【テロ防止】という感じ

事前の情報収集で調べられるキーワードは「テロ組織フッリーヤ」と「講演を狙う動き」2つ。
情報収集をできるタイミングは5回。
なんでも、講演者は12月24日に講演を行い、講演を行なった後、演出として降雪車で雪を降らせホワイトクリスマスを演出するらしい。

「なかなかキザな講演だな」
「そもそも、その講演って誰かに狙われてたりするのか?」
「特に犯行予告とかが出てるわけじゃないんだが・・・・・・その、講演内容がちょっと過激でな。念のためということだ」
「・・・・・・どんな講演なんだ? 後援者はニューヨーク下位議員なんだろ? そうそうやばい演説とかするわけじゃ・・・・・・」
「講演の内容は過激なイスラム原理主義者に対しては軍事行動も辞さない態度を取るべきだ、というもので・・・・・・」
「襲ってくれと言ってるようなモンじゃねーかっ!?(笑)」

一行はまず1つ目のキーワードから「講演をテロで妨害しようという動きがある」ことを突き止める。
が、2つ目のキーワードのセキュリティレベルが高く、なかなか情報が出てこない。
必要経費として2000ドルを依頼主から受け取っていたが、2つ目の情報をレベル5まで開示させるために情報屋の頬を札束で叩きまくったお陰で物凄い勢いで必要経費が消えていく一行。
しかしそのお陰でテロを狙っている犯人と敵対している組織の幹部と接触、情報を引き出すことに成功する。
その情報によると、テロ組織フッリーヤは天然痘ウィルスを散布する生物テロを画策しているというのだ。

「物騒な計画だな」
「うむ。このような暴挙を見過ごすわけにはいかない」
「しかしあんたらもイスラム系テロ組織なんだろう? いいのかい、仲間を売って」
「我々は無差別テロを容認しているわけではない。あのような連中と一緒にされても困る」
「敵の敵は味方、か」
「利害の一致というわけだな」
「・・・・・・で、具体的にそのウィルスというのはどんなものなんだ?」
「我らはアル=ムミート(死を与えるもの)と呼んでいる。なんでも、低温に強いのが特徴らしい」
「低温に?」
低温では活動を停止するものの死滅するわけではなく、人体程度の温度があれば活動を再開するらしい」
「・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・」
「そういうことかーーーっ!?(爆笑)」

あ、散布方法バレバレだ。

講演当日、速攻で降雪車の周囲を固める一行。
降雪車を警戒していると、案の定、サンタに扮した怪しげな男2人が降雪車に近寄っていくのを発見する。
サンタの片方が運転手と会話して気をそらし、片方が降雪車のタンクに“なにか”を注入しようとしている。
そこで詳しく確認もせずに速攻で特攻をかけるPC達。まあそらそうだ(笑)
格闘判定の結果、一瞬でカニバサミに固められる怪しげなサンタB(仮)
こいつ弱えええーっ!(笑)
怪しげなサンタA(仮)にはこっそり近づいていた別のPCが(前もって購入していた)スタンガンで攻撃をするも、至近距離で攻撃を外す
当然逃亡する怪しげなサンタA(仮)。
PCは怪しげなサンタA(仮)を取り押さえようとするも失敗、フッリーヤの仲間とおぼしき連中の車に乗って逃亡を図る。
当然追いかけるPC達。


その後は、お約束のカーチェイスTRS。
抜きつ抜かれつの迫力あるカーチェイスこそパイロットの腕の見せ所!

・・・・・・のはずなんですが。
さすがにどこぞの悪夢のようにライフル1発で糸冬ってことはなかったんですが
PCパイロットの〈操縦〉が111%なのに対し、敵パイロットの〈操縦〉はたかだか60%
さらにPCには当然クラスアーツの加護があるわけで。
はっきりいってお話になりません

一瞬でブッチぎられるテロリストたち。
余裕で先行し、周囲に被害が出ない場所で待ち伏せするPC一行。
テロリストが常に先行するPCに対し、進路を変えずにPCのいる方向いる方向へと走っていくという謎のシチェーションに(笑)
・・・・・・まあ、きっとパイロットの先読み能力の結果なんでしょう、うん。

結局、その後は順当にPC側がひたすら[ブロック]を繰り返し、攻撃担当者が車を破壊してテロリストを捕縛して終了。
時間配分を間違えたせいで会場の時間が押してしまい、エンディングを演出できなかったのが心残りでした。
うーん、残念。

■シナリオ雑感
○敵が弱い
 いつものことですね。
 ただ今回に関しては敵戦闘員にしろ敵パイロットにしろ、各PC唯一の見せ場での敵が明らかに雑魚いのが気になりました。
 戦闘は最後のチェイス時しか発生しないのに、敵の射撃成功率は高くて65%とか。
 パイロットの出番はチェイスしかないのに、敵パイロットの〈操縦〉が60%とか。
 初心者相手でもパイロットの腕ぐらいもーちょっとあってもいいかなあと思います。

○前半、交渉担当以外やることがない
 いわゆるシティアドベンチャー系では仕方のないところなのですが・・・
 推奨アーキタイプでいえば、後半の警護が始まるまではプロフェッサー以外やることがありません。
 というか何も出来ません
 講演の設営は当日ですし、警護も当日のみ。
 基本的に当日がくるまでは情報収集しかすることがないのですが・・・
 情報収集は〈情報処理〉か〈知識〉で判定。しかもその判定にはー20%~40%のペナルティがかかるため、プロフェッサー以外はダメもとで振る、ということしかできないのですが、低い成功率で成功しても達成値が足りないので詳しい情報はでてこないし。
 そこで金をつっこんで達成値とか上げるくらいならプロフェッサーの判定に使ったほうが効率いいし。
 一応会場近くに監視カメラを仕掛けたり等の行動を起こしてはいましたが、概ねプロフェッサー以外はヒマな感じでした。
 このあたり、ある程度サクサク進めていかないとダレてきそうです。

○ルールの疑問点
 まず気になったのが、街中で射撃をした場合による流れ弾の処理。
 最悪の場合一般市民の集まる広場での戦闘も考慮しなければならないシナリオなのに、「流れ弾が市民に当たるでしょう」とだけ書かれていると処理に困ります(笑)
 特にカーチェイスTRS。
 レンジ5~4には「射撃をすると巻き添えが出る」とだけ書かれているのはいかがなものかと。
 せめてここは具体的な処理を書いて欲しかったですね。
 まあ「当てたくない遮蔽」ルール(20%以内の誤差で射撃がはずれた場合は通行人に命中したとする)を使用するか、射撃を行なうと必ず被害が出る(つまりレンジ5~4は実質射撃禁止)とするかのどっちかでしょうか(私は前者で処理しました)。
 あと、これはシナリオに関係ないのですが

 [チェイス]の[ブロック]は、1リミットに何回行なえるのか?

 判定さえ成功すれば1リミットに何度でも判定を行えるのがTRSですが、例えば
 「1回目の判定で3マス移動、2回目は[ブロック]で2マスブロック、3回目も[ブロック]で2マスブロック、4回目は1マス移動。
  結局4マス移動の5マス分ブロック」
 ということも可能なのかな、と。
 ルールには「DRの前」とだけ書かれているのでできそうなきはするのですが、そーすると一端前に出たマシンを追い抜くのはかなり難しいことになりそうです。
 また、

 [ブロック]の効果はラウンドをまたがって効果を及ぼすのか?

 も疑問です。
 たとえば1ラウンド目の行動順がNPC→PCで、PCが5マス[ブロック]したとします。
 2ラウンド目の行動順もNPC→PCだった場合、NPCは移動距離が5マス減少するのでしょうか?
 また、2ラウンド目の行動順がPC→NPCになった場合、PCがさらに3マスブロックしたら、NPCがブロックされるマス数は3になるのか8になるのか?
 それとも[ブロック]は先行側でないと意味がないのか?

 このあたり、どうなってるのかなあ。
 今度ジャイブにメールしてみますかね。
スポンサーサイト
コメント
▼この記事へのコメント▼
▼コメントを投稿する▼
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2. All Rights Reserved.